Sample Club

子犬を迎える準備

サークル

サークルはこのセッティングが、一番トイレシートの上できちんとおトイレ出来るようになるのが早いような気がします。

まず、屋根付きのお家!冬場はその中にペットヒーター。最初はトイレトレイともう1枚シートをひいておく!覚え出したら、トイレトレイだけにする!

お家が暑ければ、外で寝てたりもします。その場合は、お家の前に毛布を置いてあげるなど工夫したりします。

暑い時の逃げ場がトイレシートの上だけだど、その上に寝てしまって違う所におトイレをしたりします。だから、暖かい場所&逃げる場所&トイレシートの上の三ケ所の場所があるのがポイントです!

窓のある方向や入り口などのある方向には、冬場はバスタオルや毛布、段ボール箱などで、寒さ対策をします。
エアコンは24~26度設定になっているんですが、結構、床面は冷たい隙間風があったりしますので、
特に子犬ちゃんは気をつけてあげて下さいね(^^)v

サイズは90*60くらいです。大きめですが、小さい間ほど、大きめのサークルの方がしつけがしやすいと思います(^^)

ドリンクホルダー

(ほこりもはいらずこぼすこともないので便利です)
これは、ペットボトルを使うタイプのもので、他にもいろんなタイプがあるので、探してみてくださいね♪

1ポイントアドバイス
飲み口のボールの部分が水圧によって、時々固まっている時がありますので、時々、まわるかどうか確かめてあげて下さいね(^^)
携帯用の持ち運びが出来きるタイプのもあります。お出かけの時などには、あると便利です(^^)

ベッド

写真のようなベッドのタイプと屋根つきのタイプのものなどいろいろなタイプのベッドがあります。
冬場は屋根つきのものが暖かくていいと思います。
屋根つきのタイプの方が、おトイレとの境がはっきりして、トイレのしつけがしやすいように思います。

食器とフード

最初は仔犬が来た親元であげていたフードを与えてあげてくださいね。
変えるのは、仔犬が環境になれてから、少しずつ加えていきながら変えてあげてください。
仔犬の頃は食器はステンレス製のものか陶器がいいかな~と思います。プラスチック製のものは、軽くて、ひっくり返したり、カジカジ噛んだりもします(^^;;;;;;
容器の深さも深いものと浅いものがあります。 我が家は小さい時は浅いものを使っています。あと、たまにステンレス製は、顔が写るので、怖がって食べない子もいます(^^;;;;食器選びも、ケースバイケースです。
うまくいかない場合は、いろいろ変えてあげてみてください(^^)

トイレシーツ

使い捨てのもの洗えるタイプのものがあります。
仔犬期、トイレシートで遊んでしまって、ボロボロにしてしまう事があります。成犬になるとそれも落ち着く傾向にあるので、どうしても使い捨てをボロボロにしてしまうようなら、洗えるタイプをお勧めします。
飼い主さんが怒らなくてはいけないストレス、仔犬が怒られるストレスを双方を合わせてみても洗う手間の方が楽のように思います(^^)

網すのこがついたトイレトレイでもいいです

トイレトレイ

サークルの中のトレイは30×45くらいのものをサークルの外で使うものは、その倍くらいあると便利な気がします。
チワワンは基本的に自分の寝床を汚す事を嫌います。
サークルの外で遊んでいる時には、サークルの外でのトイレの場所がある方がしつけがしやすいです。
お迎えしてしばらくはシートは2枚重ねにして、下のシートは少しおしっこの臭いのついたものを上は綺麗なシートを♪にするとおトイレのしつけに役立つと思います(^^)

つめきり

(お家でお手入れする場合にいります)
この写真のタイプ、ギロチン式のものが使いやすいです
最初の間は苦手とされる方が大半です。一度にたくさん切ってしまおうとせずに、時間をみつけては少しだけ~とかから初めてみてくだ
飼い主さんが緊張した怖い顔で切りに行くとワンコも怖がります(^^;;;

くし

スリッカーやコーム型のもあります。
小さい頃からブラッシングの癖をつけておくといいと思います。
毛並みがよくなり、毛量もでやすくなります(^^)毎日する必要はありません。時々してあげてください。耳の毛の飾り毛などは絡まりやすい場所です。
外出時から帰って来た時などもブラッシングするとある程度の汚れなどを落としますので、いいと思います。

ペットヒーター(冬場)

レンジでチンするタイプやいろんなタイプの物があります。いろいろ使いましたが、足が滑ったりしない布のカバーのついているものがいい感じです。コードをかじられないようにだけ気をつけましょうね(^^)

↑ PAGE TOP