大阪・関西を中心に東京・関東・全国のお客様からチワワの子犬をお迎えいただいております

レッド&ホワイト、クリーム&ホワイトの女の子とホワイト系の男の子生まれました

フリッカさんベビー生まれました覚え書きです。

フリッカさん14日めの交配日から66日めの出産です
私の覚え書きです。1年経つと忘れちゃうので(;^_^A
前回も66日か67日だったので、今回もかな?とは思っていましたが、我が家の子はだいだいが60日めか61日めの出産が大半です。
たまに56日めの時とかもありますので、しばらくの間、体温測定を一日何回かしています。
電子体温計、高いを計るのはいいのですが、陣痛などの下がってくるのを計るのには向いていない気がします。
低くなると誤差が出やすいです。
フリッカさんの血統ラインの子は、体温が36度台まで下がらないんです。37.4度くらいまで下がって、37.2~37.3度くらいになるといきみはじめます。
よく一日前くらいから下がりますといいますが、それには当てはまりません。8時間くらいでしょうか。
なので、判断が本当に難しいので、緊張マックスな日々を過ごしておりました。

朝夕がなぜか37.6度を指す事が多く、また微妙な体温でしょ(^_^;)
その後下がれば出産体制ですし、上がれば時間帯的なものなので、毎夕、病院の開いている時間帯にどう判断するかを悩む日々でした
前日の夕方もやはり37.6度
微妙に37.55か?くらいで、緊張マックスです。おチビさんたちの予防接種があるので、病院へ行って帰って来てまた計って下がっていたら再度病院へと思っていました。

院長にお願いしたら、俺もう帰る~明日な~って、でもどうしてもダメだったらお願いします!と念を押して帰って来たら37.9度
ふっと笑いながら、良かった!となり、夜の10時頃計っても37.8度
これは朝まで大丈夫か!と思っていたら、夜中の1時半に計ったら37.6度
もう、また微妙なとドキドキ・・・その後下がり続け朝の9時で37.2度
ちょっとホリホリしながら、微妙にいきんでいるようなので、病院へ
大きさも大きく育っていて、自然は無理なので、帝王切開して頂きました

毎回お腹が痛くなる私は、病院へ行く前にトイレとお友達をし、手術中はずぅっと祈っているのと緊張で手が冷たくなり、

精魂尽き果てそうになりながら必死で蘇生しています。

しっかり育っていたので、蘇生はすぐに鳴いてくれて、ほっとしました。
ひとりで一度に4匹の蘇生は無理なので、スタッフさんに手伝って頂きました
フリッカさんとベビーちゃんたちが元気で本当にありがとうございますの気持ちでいっぱいです。
いつもお世話になっている先生、スタッフさんたち、本当にありがとうございます。
しばらく出産がないので、ちょっとほっとしながら、育児のお手伝い頑張ります!

男の子2ホワイト系、女の子2レッド&ホワイト、クリーム&ホワイトかなと思います
今回、パパは外交配なので、全く成長過程わかりません(^_^;)
何回かお願いしているパパ君。遺伝子力強いのか、うちの家系が強く出る事がほとんどありません。じゃなんで、フリッカさんを交配したんだ~なんですが、一度全く違う血液で離して、また我が家の血統ラインに戻す交配をしたいとおもっているのです。なので、女の子ひとりはサイズがあればお残しをしたいと思っています。

男の子は募集予定です( *´艸`)
フリッカさん似るかな~似たらいいな~